坐骨神経痛

50代女性 整形外科で椎間板ヘルニアと診断された方

症状 右臀部から右下腿部(ふくらはぎ)及び外くるぶしにかけて激痛が走り、座る事が出来ず

立ち上がりと歩行が困難  日常生活も困難

原因 発症の2ヶ月前に転倒し、右足首を捻じり痛めた

施術 発症時、右大腿部から膝裏にかけて強い圧痛点があり過敏なために軽い針治療を施す

3週間施術後、圧痛点が膝裏だけとなり、集中して針刺激を行う事が出来たため劇的に改善され普通の日常

生活が過ごせるようになる

 

膝裏伸ばしの効果

膝、股関節の痛みや腰痛がある方は膝裏を伸ばす事で痛みが軽減される事があります。かかとからアキレス腱を伸ばすことにより膝裏からハムストリングス(大腿後側)が伸びますので、硬縮した筋肉が刺激され、膝、股関節、腰の痛みが楽になります。

ヒラメ筋と腰痛

膝裏から足首又はかかとにかけてヒラメ筋という筋肉が存在します。この筋肉が短縮し硬くなると、腰部に影響を及ぼします。特に歩行時や長い時間(5分~10分)立っていると腰痛を引き起こす事があります。ヒラメ筋を緩めることにより、腰の痛みが楽になることがあります。

ギックリ腰へのアプローチ

一般に『ギックリ腰』と言われる状態になると、あお向けからの寝返り時や寝床からの起き上がり時の痛み、歩行時の痛みなどがあります。また、前屈や後屈も困難です。この様な時、膝裏を治療する事によりかなり症状が改善される事があります。膝裏のトリガーポイントが腰痛に強く影響を及ぼしています。

関連痛と発痛源

関連痛とは、痛みの元ではない場所に痛みを感じることです。例えば、腰が痛いからと言って腰そのものを治療しても良くなる事はありません。発痛源となる痛みの元を見つけ出し、その部位を治療すれば虚血状態が改善し、自己修復能力により関連痛は減少します。

痛みのメカニズム

筋肉が硬くなると痛みが発生します。たとえば中腰(前かがみ)で作業すると腰が痛くなり、伸ばすことが困難になることがあります。これは、大腿部のつけ根(鼠径部)の筋肉、腸腰筋が硬くなるためです。筋肉が硬くなるとその場所の血流低下により、組織の酸素が欠乏し、発痛物質(ブラジキニン)が発生し、受容器を介して電気信号に変換され知覚神経を通り、脳で認知反応します。

筋力トレーニング

腰、股関節、膝関節に痛みのある方が「スクワット」や「つま先立ち」などの筋力トレーニングをすると、かえって悪化することがあります。これらの症状がある時はトレーニングを控えることをお勧めします。ご心配の方はいつでもご相談ください。  福島市 小林針灸接骨院

治療例3

60才代 男性
20年程前、長年腰痛で苦しんでいたため整形外科を受診されました。手術を勧められましたが手術はせずに現在に至ります。
当院にて1年程太股の後側、腸腰筋を施術しました。だいぶ、痛みは軽減されましたが、首のつけ根(斜角筋)を施術したところ、さらに症状が改善しました。
人間の体は筋膜でつながっていることを改めて認識しました。  福島市 小林針灸接骨院